忘れられた戦後補償

忘れられた戦後補償

視聴可能: Prime Video
国家総動員体制で遂行された日本の戦争。310万の日本人が命を落としたが、そのうち80万はさまざまな形で戦争への協力を求められた民間人だった。しかし、これまで国は民間被害者への補償を避け続けてきた。一方、戦前、軍事同盟を結んでいたドイツやイタリアは、軍人と民間人を区別することなく補償の対象とする政策を選択してきた。国家が遂行した戦争の責任とは何なのか。膨大な資料と当事者の証言から検証する。[NARR](C)NHK