第4話

第4話

視聴可能: Hulu、 Paravi、 FOD
シーズン1 エピソード4: 圭吾が宇部に書いた手紙の500ドルは5万ドルに書き換えられ、宇部はそのままの額をリーンに渡してしまった。これまでポンが優しくしてくれた事の全ては、自分から大金を奪うための伏線であったことを知り、絶望のどん底に突き落とされる圭吾。ポンが釈放される時に圭吾が感じたあの悪寒は、このことだったのだ。ポンを探し出すという亜希に、無駄だと悲観する宇部。しかし、大使館に落ち度は無いと言いながら、圭吾がどういう人間なのか知った今、宇部の心は揺れていた。半ば亜希に脅された感はありながらも、宇部なりに動きだすのだった。