#5

#5

視聴可能: Paravi
運命の人、エピソード5: 「被告人・弓成亮太(本木雅弘)は、被告人・三木昭子(真木よう子)と密かに情を通じ・・・」検察によって発表された弓成と昭子の起訴状は各方面に波紋を呼んでいた。知る権利を訴えて盛り上がっていたマスコミは手のひらを返したように弓成を責め始め、毎朝新聞の記者たちは戸惑いを隠せない。密約問題を男女の問題にうまく摩り替えた権力の狡猾さに衝撃を受ける弓成。そんな折、訪ねてきた読日新聞の記者・山部(大森南朋)が、昭子の意外な証言を語る。来るべき裁判に備え、弓成は上司の司部長(松重豊)と共に大野木弁護士(柳葉敏郎)に弁護を依頼する。言論の自由に関する第1人者である大野木は、国家権力の欺瞞を暴こうとした弓成を勝たせたい、と想いを口にする。一方、昭子の弁護人・坂元(吹越満)は「戦うべき相手は国家ではなく弓成記者だ」と昭子と夫・琢也(原田泰造)に言い切る。