アルペンスキー FIS ワールドカップ 20/21 ダイジェスト 男子 スラローム

アルペンスキー FIS ワールドカップ 20/21 ダイジェスト 男子 スラローム

視聴可能: Prime Video
雪上の最速バトル、アルペンスキーFISワールドカップ。 2020/21シーズンは新型コロナウイルスの影響もあり、怒涛の過密スケジュールへ。 これまでにも増してタフな戦いが繰り広げられている。 男子スラロームでは、ディフェンディングチャンピオンのヘンリック・クリストッファーセンを筆頭に、昨シーズン大活躍したクレメント・ノエルやダニエリ・ユーリなど、チャンピオン候補と思われた有力勢が相次ぎ失速。代わってこれまで結果を出せていなかった中堅や若手が大躍進、初優勝レーサーが続出するなど予測不能の展開となっている。 SNOW JAPANからは加藤聖五、小山陽平が出場。日本人選手のインタビューも交え中盤戦までの振り返り、そして後半戦の展望に迫る。 圧倒的なリーダーが不在となり、誰が勝ってもおかしくない戦国時代に突入した20/21シーズン。 大混戦となったスラローム前半戦をダイジェストでお送りする。