子ぎつねヘレン

子ぎつねヘレン

視聴可能: Hulu、 dTV、 Prime Video、 iTunes、 FOD
ある日、少年は、ひとりぼっちの子ぎつねに出会った。待ち望んだ春の陽射しを浴びて緑に輝く北海道の大地で---。母ぎつねの姿はどこにもなく、子ぎつねは道端にうずくまったまま動こうとしない。少年は、そんな子ぎつねを思わず抱き上げる。東京から引っ越してきたばかりの少年の名は太一(深澤嵐)。カメラマンとして世界中を飛び回る母・律子(松雪泰子)に置いていかれ、たったひとりで北海道の森の動物診療所に預けられた自分に、ひとりぼっちの子ぎつねの姿を重ねた太一は、思わず話しかける。「お前のお母さんも自由人か?」妻を亡くして以来、太一が来るまでは中学生になる娘の美鈴(小林涼子)とふたり暮しだった動物診療所の獣医・矢島(大沢たかお)は、律子の恋人だった。矢島と結婚するつもりでいる律子が、ひと足先に8歳の太一を未来の父親に委ねたのだ。しかし、口が悪くて不器用な性格ゆえに人付き合いの苦手な矢島は、太一にもどう接していいのか分からない。美鈴もクールな現代っ子で、3人はどこかギクシャクした毎日を送っていた。そんな3人の“家族”に、突然太一が連れ帰った子ぎつねが加わった。「入院費、払えるのか?」太一にそんな憎まれ口をたたきながらも、今までも傷ついた野生動物を保護して治療してきた矢島は、子ぎつねの異変に気付く。矢島が目の前でてをひらひらさせても、音をたてても何の反応も示さないのだ。「まいったな・・・・・。まるでヘレン・ケラーだ」目と耳が不自由らしい子ぎつねに心を痛める矢島の一言から、太一は子ぎつねに“ヘレン”と名づける。矢島の心配をよそに、その日から太一の“サリバン先生”として活躍が始まった。
出演 大沢たかお、 松雪泰子、 深澤嵐
監督 河野圭太