極道の妻たち 地獄の道づれ

極道の妻たち 地獄の道づれ

視聴可能: iTunes
関東柴山会から関東と関西の極道が手を組む全国統一連合組織の結成への提案が持ち上がる中、大阪を仕切る山背組々長代行の掛川亮平の右腕とも言える池内が関東との裏交渉の場で殺されてしまう。その手を下したのは、同じ山背組幹部の千田勝紀であった。千田は関東と手を組むことで、山背組四代目となることを目論んでいたのだ。そんな中、亮平も連合構想の提案を関東の関西進出として拒絶する。このため、亮平は関東の柴山会の茂田、尼崎の坂岩会の坂岩、さらには千田の策略により偽りの恐喝容疑で警察に身柄を拘束されてしまう。組長代行不在の中、揺らぐ山背組内部では分裂抗争も起こり、遂には亮平の幹部会からの除名の声も挙がり出す。この窮地を脱するため、自らが夫の留守の間の名代として立つことを決意する妻の律子は、千田が坂岩らと癒着し、亮平を陥れていたことを突き止める。だが、その裏で糸を引いていたのは、千田の妻の槙子だった。大阪極道のトップの妻として君臨すべく、千田を焚き付けていた槙子。そんな中、亮平の弟である武雄が茂田の策略に嵌り、囚われの身となってしまう。その身柄を引き取るために、一人で交渉の場に向かう律子。その場でケジメとして指を詰める律子であったが、さらには山背組の連合会参加の同意書を書くことを強制される。この窮地をリンチで瀕死寸前の武雄が盾となり、律子を逃がす。そのため、武雄は茂田たちの手下に撃ち殺されてしまう。一方、千田は槙子や茂田らに利用されていたことを知り、また昔から恋心を抱く律子の健気な振る舞いに、千田は心を入れ替え、死ぬ覚悟で茂田を襲撃するが逆に殺されてしまう。遂に怒りの限界に達した律子は、亮平に死に水をとってくれるよう頼み、律子は池内の妻の美智留と共に連合組織結成式のパーティ会場へと乗り込む。先ずは坂岩を一撃で仕留め、次に茂田へ向かう律子。逃げる茂田は、槙子のいる部屋へと逃げ込む。だが、槙子も気付かぬうちに千田を深く愛していたことに気づき、茂田への復讐の機会を狙っていた。律子、そして槙子は極道の妻として茂田への落とし前をつけるのであった…。
出演 宅麻伸、 雛形あきこ、 草刈正雄
監督 関本郁夫