極道の門 第四部

極道の門 第四部

視聴可能: Prime Video
男の決意- 男の宿命-大阪、昭和47年、夏--。二代目大政組若頭補佐・村田龍治(木村一八)は銃弾に倒れ、病床に伏していたが無事退院することができた。しかし、大政組と義道会の間での抗争は続いており、大政組の組員が次々と殺されていった。義道会は大浜組傘下に入ったことで、勢いを強めていった。大政組・組長の鹿島(下元史朗)は体制を立て直すため、不在の若頭の地位に村田を迎えることに決めた。村田を若頭として迎えた大政組は義道会ではなく、親の大浜組との抗争に備えるが-。©2018村上和彦/コンセプトフィルム