ジャック・ドゥミの少年期

ジャック・ドゥミの少年期

視聴可能: Prime Video
フランス西部の港町ナントに暮らす少年ジャコ。両親と幸せな日々を過ごしていた彼はある日、友人から映写機を借りたことをきっかけに、映画に夢中になり、やがて映画監督を夢見るようになる。1990年に白血病でこの世を去った「シェルブールの雨傘」のジャック・ドゥミ監督の、映画への愛と情景に満ちた少年期を、彼の妻であるアニエス・ヴァルダが愛惜をこめて映画化。映画の合間に挿入される晩年のドゥミのフィルムが、失われゆく生の悲痛さを語る。[シネフィル](C)ciné tamaris 1990