ソー: ラブ & サンダー

ソー: ラブ & サンダー

視聴可能: iTunes、 Disney+
マーベル・スタジオの「ソー:ラブ&サンダー」の中で、“雷の神”(クリス・ヘムズワース)はこれまでに向き合ったことない“自分探し”という旅に出ている。しかし神々を根絶しようとするゴッド・ブッチャーことゴア(クリスチャン・ベール)の出現により、その旅は中断を余儀なくされてしまう。この脅威に対抗するため、ソーはヴァルキリー王(テッサ・トンプソン)、コーグ(タイカ・ワイティティ)、元恋人のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)の協力を得る。驚いたことにジェーンはマイティ・ソーとして、ソーの魔法のハンマー“ムジョルニア”を振り回していたのだ。チームを組んだ彼らは手遅れになる前にゴッド・ブッチャーの復讐の謎を解き、彼の暴挙を止めようと宇宙を駆け巡る冒険へと乗り出す。監督はタイカ・ワイティティ(「マイティ・ソー バトルロイヤル」「ジョジョ・ラビット」)。ストーリーはワイティティ&ジェニファー・ケイティン・ロビンソン。製作はケヴィン・ファイギとブラッド・ヴィンダーバウム。 警告:この映画には光に敏感な視聴者に影響を与える恐れのある点滅シーンが含まれます。
出演 クリス・ヘムズワーズ、 ナタリー・ポートマン、 クリスチャン・ベイル
監督 タイカ・ワイティティ