ダイナマイトどんどん

ダイナマイトどんどん

視聴可能: Prime Video
昭和25年北九州一円では戦後のドサクサを背景にヤクザ組織の抗争がエスカレート。小倉では昔かたぎの岡谷源蔵の岡源組と新興ヤクザ橋伝組がしのぎを削っていた。小倉警察署長はGHQの勧めで抗争を民主的に解決するため野球大会を提案。どこの組も血気盛んな若い衆がドスやハジキを慣れぬバットに持ち替えてダイヤモンドに勢ぞろい。遠賀川の加助は岡源組の斬込み隊長。「タマ遊び」でカタをつけることに乗りきれず割烹川太郎で呑んだくれていた。川太郎のおかみお仙は惚れた男を捜して小倉へ流れてきた女。加助もお仙の固い操を突き破ることができない。岡源のシマを狙う橋伝組は札束にモノを言わせ野球上手な渡世人を集めていた。(C)KADOKAWA 1978[名画発掘]