デッドロック 絶対王者ボイカ

デッドロック 絶対王者ボイカ

視聴可能: iTunes
ウクライナ、キエフの地下闘技場でユーリ・ボイカ(スコット・アドキンス)は日々試合をしていた。ある時、念願の欧州大会への切符が入るかもしれないという、スカウト達が見守る大事な試合で対戦相手のヴィクトルを圧倒し勝利をつかむが、ヴィクトルは試合中の怪我が元で亡くなってしまう。ヴィクトルには妻が居たことを聞き、ボイカはその妻アルマ(テオドーラ・ドゥーホヴニコヴァ)に会う為にロシアへと向かう。ロシアに着いたボイカはアルマが金貸しのゾーラブ(アロン・アブトゥブール)から、取り立てを受けている状況に遭遇し、借金返済の為、ゾーラブの経営するクラブで働かされている事を知る。クラブを訪れたボイカは用心棒たちに襲われるが返り討ちにする。そこへゾーラブが現れて「自分の経営する地下格闘技場で戦わないか?」と誘われるが、ボイカが断ると、「この町から出て行け」と忠告される。翌日アルマに「夫を殺したのは自分だ」と伝え、力になりたいと賞金の一部を渡そうとするも断られる。なんとか力になりたいボイカはその足でゾーラブに借金の肩代わりを申し出て、ゾーラブの経営する地下格闘技場で連勝すれば借金は帳消しにする約束を取り付けたボイカであるが・・・
出演 スコット・アドキンス、 テオドーラ・ドゥーホヴニコヴァ、 アロン・アブトゥブール
監督 トドーフ・チャプカノフ