ニック・ロウ - AVO セッション

ニック・ロウ - AVO セッション

視聴可能: Prime Video
'イギリスのパブ・ロック、パンクロック、ニューウェーブなどの音楽界の中心的人物であるニック・ロウは、数々の評価の高いソロアルバムを収録している。ニックは、そのヒット曲「恋するふたり」(アメリカのトップ40位入りシングル)、「アイ・ラヴ・ザ・サウンド・オブ・ブレイキング・グラス」(イギリスでトップ10位入りヒット)、またエルビス・コステロ、グラハム・パーカーなどとのプロダクションで最もよく知られている。また、コストロがヒットを収めた「ピース、ラヴ・アンド・アンダースタンディング」も作詞作曲した。 70年代はイギリスのパブでロックを演奏し、「プリテンダー」などの偉大なパンク音楽をプロデュースした。その後、カントリー・バンド「リトル・ヴィレッジ」を結成した後はブルースに目覚めていく。神への恐れと悪魔との契約、家庭生活と放浪、日曜朝の礼拝と前日土曜の夜のパーティーなど伝統的ブルースのモチーフ...