日本極道戦争 第六章

日本極道戦争 第六章

視聴可能: dTV、 FOD
東北・青森で対立する相馬組組長・相馬仁(小沢仁志)と八鬼会の鬼柾文司(成瀬正孝)。孫を相馬に殺された恨みを抱え、一旦身を引く鬼柾だったが、相馬暗殺を宣言する。相馬の追っている女・片嶋綾子を匿っている鬼柾にどう近づくのだろうか。一方、相馬組となった牧田(吉田由一)は九州の荒川一家・隈下(永倉大輔)から阪神連合の村雨(赤井英和)がシャブを取り扱い、自分をハメたことを聞かされる。張本(桑田昭彦)と村雨は牧田の言いがかりを会長の矢島剛一(螢雪次朗)に相談するのだが・・・。そのことで相馬組の立場が危うくなっていく―。