舞妓はレディ

舞妓はレディ

視聴可能: iTunes、 my theater PLUS
日本の刑事裁判をリアルに描いた映画『それでもボクはやってない』(07)の反響で、近年、社会派のイメージを強めていた周防正行監督。そんな監督が、1996年の『Shall we ダンス?』以来、18年ぶりに本格エンターテインメント大作に挑戦したのが『舞妓はレディ』である。舞妓を目指して、独特な京都のお茶屋世界に飛び込んだ少女・春子の姿を、ユニークに、そしてハートフルに、ミュージカル・シーンを織り交ぜながら、その成長を描き出すお茶屋ファンタジーだ。本作の企画が立ち上がったのは、今からおよそ20年前。満を持しての映画化となったきっかけは、800人のオーディションの中から勝ち上がった、上白石萌音の存在である。まさに"ピュア"と呼ぶにふさわしい彼女のまっさらな魅力、力強い歌声が、物語を大きく動かした。さらに、そんな彼女を支え、舞妓として美しく成長させていく言語学者・京野役には長谷川博己。スクリーンでは初となる歌と踊りを披露。また、おなじく春子を見守る、厳しいけれど優しいお茶屋の女将には、20年前にアイディアが誕生した時から、監督のイメージキャストだったという富司純子。その他にも田畑智子、髙嶋政宏、濱田岳、岸部一徳、妻夫木聡、松井珠理奈(SKE48)、大原櫻子ら、周防作品初参加というフレッシュな面々も見どころのひとつ。一方で、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、小日向文世、中村久美など、おなじみ周防組のキャストも勢ぞろい。華やかな花街で、新旧周防組のキャスト陣が歌い踊る、目にも耳にも楽しい"舞妓エンターテインメント"の誕生だ!
出演 上白石萌音、 長谷川博己、 富司純子
監督 周防正行