妖美伝奇新説 牡丹灯籠 壱~この世の果て~

妖美伝奇新説 牡丹灯籠 壱~この世の果て~

視聴可能: Paravi
「子供の頃、落語好きの父は、夏になると私に『怪談 牡丹灯籠』を語って聞かせた」――その父(蛍雪次朗)と母を交通事故で失って以来、相楽琴(桜井まり)は地獄の裂け目と死者の霊が見える不思議な能力を授かった。 一年後、入院していた病院を抜け出した琴は、交通事故が起きた交差点を訊ねる。歩道橋の上から飛び込み自殺を図ろうとしていた真治(石井亮)は、同じ交通事故で恋人のそよ(大江朝美)を失っていた。「死んでも地獄に落ちるだけ!こっちにいるほうがマシですよ!」琴の奇妙な説得に、自殺を思いとどまった真治。最愛の人を同じ事故で失った琴と真治の同棲生活が始まった。真治は悪徳刑事・曽根崎(河野智典)の汚れ仕事をカキオ(BOBBY)と一緒に請け負っていたが、そよを死なせてから仕事を断っていた。曽根崎は妻のアンコ(水元ゆうな)に、兄の殺害を知っている真治を殺すことを打ち明けながら激しい愛欲を求めた。一方、琴が抜け出した病院の医師・竹熊(井田國彦)は、琴が霊視出来ることはおろか、地獄の裂け目から死者をこの世に引っ張り出す能力があることを知ってた。琴と暮らすようになってから、そよの亡霊を目撃するようになった真治・・・琴の能力に異常な執着を示す竹熊・・・カキオに真治を殺すことを命じる曽根崎・・・