妖美伝奇新説 牡丹灯籠 弐 ~さよなら~

妖美伝奇新説 牡丹灯籠 弐 ~さよなら~

視聴可能: Paravi
「子供の頃、落語好きの父は、夏になると私に『怪談 牡丹灯篭』を語って聞かせた」――その父(螢雪次朗)と母を交通事故で失って以来、相楽琴(桜井まり)は、“地獄の裂け目”と“死者の霊”が見える不思議な能力を授かった・・・。一年後、病院を抜け出した琴は、同じ交通事故で恋人のそよ(大江朝美)を失った真治(石井亮)と同棲生活を始める。悪徳刑事・曽根崎は遺産目当てで兄の恭一を殺し、その遺体の処理を真治に手伝わせていた。曽根崎は真治を殺そうとするが、逆に琴の呼び出した怨霊に殺されてしまう。怨霊はこの世に残り、妻のアンコ(水元ゆうな)に憑いて連続無差別殺人を犯していた。琴が抜け出した病院の医師・竹熊(井田國彦)は、琴が霊視だけでなく、地獄の裂け目から死者をこの世に引っ張り出す能力があることを知り、琴の力に異常な執着を示していた。様々な思惑が交錯するとき、地獄の裂け目が口を開く・・・。