ラブ・ストーリーを君に

ラブ・ストーリーを君に

視聴可能: iTunes
大学生の上條明は、新宿で、以前家庭教師をしていた少女・広瀬由美と再会する。私立中学の2年生になる由美は、大人っぽく綺麗な少女に成長していた。そんなある日、由美の母親は、大学病院の医師から由美が白血病を発症し余命半年と知らされる。夫と別れて以来、女手一つで娘を育ててきた母親は、娘に豊かな日々を送らせてやりたいと願い、再び明を呼び寄せる。そして娘の病気を打ち明け、恋の相手になって欲しいと頼むのだった。明は悩んだ結果、出来る限りの協力をすることにした。初夏、由美が学校で倒れる事件があり、明の教育実習先でもある長野で静養することになる。だが短い夏が過ぎ、東京へ帰った由美の病状は一段と悪化していた。入院前の束の間の時間に、明と由美はディナーショー、山岳部のコンパを楽しみ、父・節夫との再会も果たす。空港で節夫を見送った後、明は由美に言う。「山に行こうか。」
出演 後藤久美子、 仲村トオル、 佐藤友美
監督 澤井信一郎