レジェンド

レジェンド

視聴可能: FOD
津浪祐史(白竜)が弘和会・桐生との決着から数年後。関西侠友会で分裂抗争が起き、沖田連合の神代(工藤俊作)は数人の幹部と共に会を離脱した。神代は新たに京阪連合を立ち上げ、抗争を仕掛けてきた。この分裂騒動の責任を取るべく、幹部会では会長の前崎徹雄(松田一三)の退陣が要求された。そんな中、前崎はヒットマンに狙われてしまい被弾してしまった。その混乱に乗じて関西侠友会の反主流派が実権を握り、前崎は退陣する事となった。そして数年後、津浪が出所してきた。