ワイドスプレッド・パニック - ライブ・アット・レッド・ロックス:2日目、パートI

ワイドスプレッド・パニック - ライブ・アット・レッド・ロックス:2日目、パートI

視聴可能: Prime Video
'ワイドスプレッド・パニックが25周年を迎えた。コンサートでは、決められた曲を繰り返し歌うことは好まず、自由に好きな曲を歌うため、その場にいない限り、お気に入りの歌がいつ披露されるかはファンには分からない。レッドロックスで開催された3夜連続ショーの2日目に当たる土曜の夜のワイドスプレッド・パニックのコンサートは、前夜よりも大きな盛り上がりを見せた。 午後7時50分にステージに上がる前から、熱いファンがすでに待ち受けていた。パンチの効いた「サムタイムズ」と「ノース」でショーを開始し、一秒も飽きさせないショーを繰り広げた。デイブ・スクールズが「サムタイムズ」でベースランを演奏し、「ノース」ではリードギタリストのジミー・ヘリングとキーボード担当のジョ ン「ジョジョ」ヘルマンが交代してソロでの歌のパフォーマンスとフィルインの演奏を行った。 '