光のノスタルジア

光のノスタルジア

視聴可能: iTunes、 Prime Video
塩と風から成る、時のない広大なアタカマ砂漠。火星によく似た風景が広がっている。動くものはなにもない。だが神秘的な過去の痕跡に満ちている。2000年以上前の村の廃墟があり、19世紀の鉱夫たちがそのままにした列車が、砂の中に打ち捨てられている。空から落下した宇宙船のようなドーム型の建物には、天文学者たちが滞在する。あちこちに遺体が埋もれ、夜には眩い銀河が砂の上に影を落とす。チリ北部、太平洋とアンデス山脈の間を走るアタカマ砂漠は、世界中から天文学者が集う場所である。世界で最も乾燥したこの地が、大気の揺らぎや湿気を嫌う天文観測に極めて適しているからだ。一方で、灼熱の太陽が照りつけるアタカマ砂漠は、古代人のミイラや、遭難した探検者、銅や硝石の採掘鉱夫たちの亡骸が、手つかずに残っている場所でもある。そしてまた、独裁政権下で政治犯として捕らわれた人々の遺体もここに埋まっている。
監督 パトリシオ・グスマン