十七人の忍者

十七人の忍者

視聴可能: FOD / フジテレビオンデマンド
寛永八年、二代将軍秀忠の死期が迫り、家光時代の気運が高まる中、家光の実弟・忠長が西国外様大名十一家の謀反連判状を集め、不気味な動きを見せていた。老中・阿部豊後守忠秋はこれを憂慮し、伊賀忍者三ノ組組頭・甚伍佐を密かに呼び寄せ、秀忠の逝去までに駿府城内にある連判状を奪い取ることを命じた。甚伍佐は早速娘の梢を含めた十六人の部下を集め、「たとえ全員が死んでも、最後の一人が役目を果たさねばならぬ」と梢を連絡係として残し、即座に駿府へと向かわせた。駿府では忍者の襲来を予測して雇われた根来忍者の才賀孫九郎が待っていた。辣腕の孫九郎は、早くも甚伍左の部下の源心ら四名を捕らえて殺害。残ったものたちの死闘が始まった。一方、小田原で阿部豊後守に呼び出された梢は、秀忠死去の報に接する。豊後守が駿府へ到着するまでに連判状を奪い取らねばならなくなったのだ。