多羅尾伴内

多羅尾伴内

視聴可能: Prime Video
大観衆の目の前でバッター高塚が殺された。検死の結果、アイヌが熊狩りに用いる猛毒を塗った針による他殺と判明。そのころ、信愛医大理事長・木俣あてに「高塚を殺したのは俺だ。次の犠牲を防ぎたければ10億持って来い」という内容の脅迫状が届く。木俣は同大理事の望月、木俣の秘書・新村真砂子をともない、伴内を訪れ救助を依頼する。約束の日の夜10時にホテルの窓ガラスを破って入ってきた狐男は、10億円が紙屑と知ると怒りの形相凄まじく逃走する。木俣は伴内足らずと見て、暴力団の瀬尾に警護を頼む。伴内は片目の運転手に扮して流行歌手の穂高ルミに近づき、ルミが北海道で高塚と一緒だったことを突き止める。[人情](C)東映