極道天下布武 第五幕

極道天下布武 第五幕

視聴可能: Paravi
駿河の今西を倒した織木信長(小沢仁志)の噂は各界へ広がり、近隣の近江・麻川長政(永倉大輔)と兄弟盃を交わすなど、織木組の影響力は次第に大きくなっていった。それを危惧した警察庁長官・一条(津川雅彦)は織木組の壊滅を指示するのだが・・・。一方、今西組の徳澤家康(本宮泰風)は今西組を脱退。徳澤組として一本独鈷でやっていくことを決意した。その情報を知った信長は徳澤と手を組み天下統一へと志を共にしていった。また室八連合会をおわれた足多賀義昭(小沢和義)は今のやくざ社会の現状に連合会の再建が不可欠だと感じ、武部信玄(菅田俊)に協力を仰ぐのだが、たらい回しにされてしまう。そしてこの騒動、福井の甘倉組・明石光秀(大沢樹生)の計らいで動き出したのは、織木組だった。