沖縄スパイ戦史

沖縄スパイ戦史

視聴可能: iTunes
米軍が上陸し、民間人を含む20万人余りが死亡した沖縄戦。1944年の晩夏、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。北部で展開されたゲリラ戦やスパイ戦などに動員されたのは、まだ10代半ばの沖縄の少年たち。彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。さらにある出身者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。そして彼らがもたらした惨劇とは…。
監督 三上智恵、 大矢英代