海へのオデッセイ

海へのオデッセイ

視聴可能: iTunes、 my theater PLUS
1949年夏。潜水用呼吸装置アクアラングを開発したジャック・クストーは、妻のシモーネ、二人の息子フィリップとジャン=ミシェルと、地中海の美しい家で幸せに暮らしていた。昼はダイビング、夜は星を見る生活は、まるで地上の楽園だ。しかし、ジャックはその幸せに満足せず、冒険を望み、技術の進歩を信じていた。調査船カリプソ号を手に入れ、冒険心に富んだ乗組員とともに、世界の海に乗り出す。10年後、寄宿学校から戻ったフィリップは、父親がすっかり変わってしまったことを知る。父は、世界的な有名人となり、人間用のエラや、水中都市創造といった誇大妄想にとりつかれていた。進歩と汚染によって海底世界が破壊されつつあることに気づいたフィリップは、父を尊敬しながらも、次第に対立を深めていく。しかし、会社の破産によって窮地に追い込まれた父を助けようとフィリップは、父とカリプソ号に乗り込み、南極探検の旅に出発する。
出演 ランベール・ウィルソン、 ピエール・ニネ、 オドレイ・トトゥ
監督 ジェローム・サル