IFSC クライミングワールドカップ 2021 ボルダリング第1戦 マイリンゲン

IFSC クライミングワールドカップ 2021 ボルダリング第1戦 マイリンゲン

視聴可能: Prime Video
解説:植田幹也(クライミングジャーナリスト)、宮澤克明(クライミングディレクター) 実況:山本義幸 開催日:2021年4月17日(現地) 会場:マイリンゲン, スイス 昨年フランス ブリアンソンの1大会を除き、全ての大会が開催中止となったIFSC クライミングワールドカップの新シーズンが開幕! 日本人選手も2年ぶりに参戦! 東京オリンピックの正式種目に採用されているスポーツクライミングは、オリンピックではボルダリング・リード・スピードの3種目総合得点で争われる複合(コンバインド)が採用される。日本勢はボルダリング、リードを得意としているため、クライミングワールドカップ リード大会でも上位進出が期待される。 【日本派遣選手】 男子: 天笠颯太、今泉結太、緒方良行、杉本怜、高田知尭、藤井快、渡部桂太 女子: 野口啓代、野中生萌