九家の書〜千年に一度の恋〜

九家の書〜千年に一度の恋〜

視聴可能: ABEMA
智異山の守護霊である神獣ク・ウォルリョンは好奇心が旺盛で、人間界に興味を持っていた。ある日、人間のソファに心を奪われたウォルリョンは、不老不死の命を捨てて人間になる決心をする。そのために必要なのは“九家の書”。数千年の間、九尾狐(クミホ)の一族に伝わる密書で、桓雄(ファヌン)が天から降りて来たとき、地を守る守護霊に人間になる機会を与えようとして作った約束の書だ。ウォルリョンは“九家の書”を手に入れようと百日祈祷を始めるが、ソファの裏切りによって命を落とす。ウォルリョンの死後、彼の子を身ごもっていることに気づいたソファは半人半獣の赤ん坊を産み落とし、姿を消してしまう...。商人のパク・ムソルに拾われた赤ん坊はチェ・ガンチと名づけられ、20歳を迎えようとしていた。一方、無形道館の教官タム・ヨウルは、市場で出会ったソジョン法師から予言を受ける。「三日月のかかった桃の木の下で出会った縁は避けよ」。ある夜、ヨウルは山の中で偶然見かけたガンチを救い出す。出会ってはいけない運命の2人はしだいに惹かれ合っていくが...。