あすなろ三三七拍子

あすなろ三三七拍子

視聴可能: FOD / フジテレビオンデマンド
「本日より、君は翌檜(あすなろ)大応援団の第五十八代団長だ。」 商社に勤務するごく普通の50歳の中年サラリーマンが社長からリストラの代わりに命じられたのは、廃部寸前の大学応援団への出向だった―。 家族や友情を描く小説を多数世に送り出してきた人気作家・重松清の「あすなろ三三七拍子」(講談社文庫刊(C)重松清/講談社)をドラマ化することが決定! 現役大学生の中に応援団員がいなくなり、まさに存続の危機にある翌檜大学応援団。OBたちが集まる会合で幹事長から発表されたのは、“ある男”を社会人入学させ、応援団長にしてしまおうという苦肉の策。 OB会幹事長が社長を務める会社の社員であり、団の命運を託されることになった“ある男”こそ、この物語の主人公・藤巻大介(柳葉敏郎)である。 「常に学ラン着用」「返事は“押忍!”」「先輩の言うことは絶対」という、前近代的な基本精神が掲げられた応援団に放り込まれた大介は、コワモテなOBたちに厳しく指導されながら、「とにかく」「ひたすら」「懸命にやる」という応援の哲学を学んでいく。理屈抜きで人を応援する世界の面白さ、そして一生懸命打ち込むことのカッコよさなど、リアリティーあふれる描写と胸を打つ珠玉のセリフに惹きつけられること間違いなし。 また大介と、後に加わることになる若い団員たちとの世代を超えた友情もみどころ。驚くべき設定の先にある爽やかな感動ストーリー。

シーズン@@seasonNumber@@