カエルの王女さま

カエルの王女さま

視聴可能: FOD
2011年現在、日本で人口3万人に満たない都市は全国で約70都市、全体の約一割を占めている。少子高齢化、財政難、日本全体を覆う暗澹(あんたん)としたムードの中、工場は閉鎖し、商店街はシャッターを閉め、若者たちは町を出て行く・・・。「町全体が負け犬」のようになってしまった地方都市の現状。 平成の大合併に乗り遅れ、繁栄を見ることなく寂れてしまった北関東のある町、由芽市。地方都市の閉塞(へいそく)感に押しつぶされ、疲弊した母親や妻たちはもはや、かつて抱いていた夢を忘れてしまっていた。そこにフラリと舞い戻ってきた、落ちこぼれ「ミュージカルスター」、倉坂澪(みお)。この町の高校の合唱部出身で、ショービジネスの世界で羽ばたくことを夢見て、ブロードウェイに単身乗り込んだが、オーディションを受け続けるも全く役はつかず。そんな時に日本にいるかつての恩師から連絡が。澪は日本に大舞台が待っていると思い意気揚々と帰国するのだった。が、そこで待っていたのは、素人ママさんコーラス、「シャンソンズ」。オーディションを開くも集まったのはやはりずぶの素人ばかり。 澪はどこへ向かうこととなるのか・・・。 「終わった」はずの地方都市に、少しずつ息を吹き込んでいくことになる、孤高の落ちこぼれ女優。そしてそれは、彼女自身にとってもまた、失いかけた夢をつかみ、仲間とともにもう一度輝きを取り戻すための「レッドカーペット」となっていく・・・。物語を彩るのは、70年代から最新のヒット曲まで、誰もが一度は耳にしたことがある日本の音楽シーンを彩った名曲の数々。それらを、誰も見たことがない組み合わせのドリームキャストで、ショークワイア・パフォーマンスを実現する。「生きる喜び」とは何か、自分を表現することの前向きなエネルギーを、歌と踊りのパフォーマンスを通して、日本中の人々に伝えていきたい。 全ての女性を元気にする、スーパーポジティブ・コーラス・コメディ!これは、夢を追いかけ続ける、全世代の女性たちへの応援歌!