歌舞伎町弁護人 凛花

歌舞伎町弁護人 凛花

視聴可能: Paravi
六本木の法律事務所「ゴージャス」の花形女性弁護士として活躍する美鈴凛花は、ひょんなことから、歌舞伎町の父親が経営する弁護士事務所で働き始める。六本木にオフィスを構える、法律事務所「ゴージャス」。そこで働く美人弁護士“美鈴凛花”(朝倉あき)は、大手IT企業『マジカルネット』と大型の顧問弁護士契約を結び、事務所所長と後輩の蘭からその活躍を祝福されていた。 そんな中、凛花に一本の電話がかかってくる。相手は父親の経営する歌舞伎町の弁護士事務所“美鈴弁護士事務所”の事務員、牛島(武田航平)だった。突如、父親の“花太郎”が失踪したことを聞かされ、あわてて父の事務所に駆けつけると、そこには事務所を凛花に任せるという父からの置手紙が残されていた。 困惑する凛花と牛島のもとに、キャバ嬢の“りお”(出口亜梨沙)が花太郎を訪ねてくる。牛島に依頼人の相手を頼まれた凛花は、この一件だけだと、渋々ストーカー被害に悩むりおの相談を受けることにするのだが…。