記憶の海

記憶の海

視聴可能: Paravi
講談社とTBSテレビが主催する、第2回ドラマ原作大賞に輝いた「記憶の海」をドラマ化!記憶システムのデータ化が成功し、人間の記憶を保存することが可能になった近未来社会で、脳と記憶を研究するチームのメンバーが直面する葛藤や、人間ドラマが描かれる。【ストーリー】記憶システムのデータ化が成功し、人間の記憶を保存することが可能になった近未来社会。かつて東創大学脳医学部の研究員だったヒロタマナブ(筒井道隆)は、3年前、記憶システムの実験中の事故で脳の海馬を損傷し、新しい記憶を持つことが出来なくなった。だが、東創大学の研究施設内で厳重な監視の下、山内教授(柴俊夫)を中心とした研究チームが行っている「コンピュータのハードディスクに保存された他人の記憶データの再生実験」の媒介役、つまりコンピュータに保存された記憶の読み出し役として今も働いていた。山内教授のことは認識しているが、それ以降出会った研究員たちなどの記憶は留められないヒロタ。研究員仲間で恋人だった里美(伊藤歩)のことも、記憶を留められない。そんな中、実験でコンピュータに保存された里美の記憶データが、ヒロタに読み込まれるが…。