雲を翔びこせ

雲を翔びこせ

視聴可能: Paravi
近代日本の経済界に大きな足跡を残した偉人・渋沢栄一の青春期を描いたドラマ。 武蔵国(現・埼玉県深谷市)の農家に生まれ、試行錯誤を繰り返しながらも自分の生きる道を探っていく栄一と、それを取り巻く人々を描く。キャストは渋沢栄一役の西田敏行をはじめ、武田鉄矢、柴俊夫、Char、川崎麻世らが出演している。 【ストーリー】 安政5年(1858年)、武州榛沢郡血洗島の豪農・渋沢家の息子、栄一(西田敏行)は尾高家の長女・ちよ(池上季実子)と結婚する。尊皇攘夷の思想に影響を受けた栄一は、従兄弟の喜作(武田鉄矢)、ちよの兄弟・尾高新五郎(柴俊夫)、長七郎(Char)、平九郎(川崎麻世)らと英国公使館の焼き討ちを計画。だが、焼き討ちは長州藩士に先を越され、そのとばっちりで栄一たちはバラバラになってしまう。 やっとのことで京都にたどり着いた栄一と喜作は、縁あって一橋慶喜(片岡孝夫)の家臣になった。そして、慶応2年(1866年)、慶喜は十五代将軍に就任。倒幕の志を持っていた栄一たちは、いつの間にか幕府側の人間になっていた・・・。