5年後のラブレター

5年後のラブレター

視聴可能: dTV
渉(向井)と妻の菜緒(内山)は、生まれてくる子供の名前を『歩夢』と決め、幸せな生活を送っていた。しかし、渉はその時すでにすい臓がんの末期で余命3ヶ月であることを医師から宣告されていた。渉はそのことを菜緒には告げず、命を落としてしまう。病気のことを知らずにいた菜緒は裏切られたと思う気持ちと同時に、何もできなかった自分を責め続けながら一人息子の『歩夢』と暮らしていた。渉の死から5年経ったある日、5歳の歩夢のもとに不思議な手紙が届く。そこには、絵本「かいぞくカータンの大冒険」になぞらえた地図と指令が・・・。それは、サプライズ好きの夫・渉が5年前に仕掛けたものだった。手紙の指示に従って進む菜緒と歩夢、二人を待っていたのは・・・。