スカルマン THE SKULL MAN

スカルマン THE SKULL MAN

視聴可能: FOD
原作は、「仮面ライダー」「人造人間キカイダー」「サイボーグ009」など数々の大ヒット作で知られる、巨匠・石ノ森章太郎。 「スカルマン」こそは、あの「仮面ライダー」(1971年)の原点としてファンに知られ、石ノ森氏自身がその晩年まで、自ら映像化にあくなき執念を燃やし続けた、まさに“伝説の仮面ヒーロー”なのである。 スカル=Skull(髑髏)をモチーフにした、強烈なインパクトのあるキャラクターデザイン。ヒーロー・アクションとしての面白さ。ダークでグロテスクなムード。そして、作品の底に滲む、逆説的ヒューマニズムと風刺性・・・・・・。 1970年、「週刊少年マガジン」に掲載された原作は、わずか100ページの読み切り中編にすぎなかったが、正義と悪、光と闇、人間と非人間のはざまで葛藤する仮面ヒーロー、という石ノ森氏ならではの魅力的なモチーフが、すでにその萌芽を見せていた。 本作品は、その異色コミック「スカルマン」を、誰もがあっと驚く新設定と、最終話まで息もつけないスリリングなストーリー展開、そして質の高いアニメーション技術をもって、テレビアニメーションシリーズとして待望の初映像化するものである。