スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~

スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~

視聴可能: my theater PLUS、 Prime Video、 FOD / フジテレビオンデマンド
水面を優雅に滑る白鳥=スワン。 「白鳥の湖」の旋律のように、なんとも美しい動きである。しかし、その白鳥、目に見えない水面下では水かきつきの足をバタつかせ、みっともないほど必死にもがいているのだ。 さて、人間様の社会。惑うことがなくなるといわれる40歳を迎えた男。それなりの地位も与えられ、それなりの稼ぎもあり、それなりに大人になった男。子供や学生からはもちろん、20代や30代のヒヨッコどもから見たら、ちょっと格好いい。家族を養い、部下たちの面倒を見、人生に余裕すら感じられる。 しかし、そんなおじさん、目に見えない水面下ではみっともないほどもがいている。給料は妻に持っていかれ、人には言えないくらいの少ない小遣いで生きている。主人公は、40代にして小遣いを5万円から3万円に下げられてしまう。下手したら、部下どころか、バイトしている学生たちよりもお金がないかもしれないのに部下たちからは、ごちそうしてもらえるもんだと思われている。だけど、そんな不条理な格差への不満はみじんも見せない。大人として、男としてのプライドで、格好良く見せなくてはいけないのだ。だから人は陰でささやく。 「スワンの馬鹿」・・・と。 このドラマは、そんな格差の悲哀を共有する大人の男3人が、サラリーマンとしての日常にもがき、勝ち組のIT関連会社若手エリートとぶつかり合い、そしてマドンナとの恋を夢見て必死で努力しているさまを描きつつも、最終的には家族の大切さや素晴らしさを再認識していくというハートウォーム・ラブコメディ。 この世知辛い世の中、金で恋も幸せも手に入るかもしれないが、もしかしたら金がなくても心の優しさで恋もできるのではないか・・・とばかり、“小遣い3万円”でも必死に夢見る男たちのつかの間のプラトニックラブ。 そんな姿に、「バカだなぁ・・・」と笑いつつ、「でもわかるよね~」「頑張ってんじゃん!」と共感し感動を覚えるポイント満載! なお、本作品に出演する前田敦子(当時16歳)は何と、ドラマ初登場です。ファン必見!
出演 劇団ひとり、 上川隆也、 成宮寛貴