被取締役新入社員

被取締役新入社員

視聴可能: Paravi
「あなたを役員待遇で迎えたい」 しかも月給20万円、役員報酬(年間)3000万円という待遇。就職試験でヘマばかりをした鈴木信男(森山未來)へ会長直々に特命が下る。それは全社員のストレスのはけ口となるべく働くこと。仕事は週3回の遅刻、髪の毛は寝癖のまま、よれよれのスーツとネクタイで、普段どおりに失敗し続けること…つまりダメ人間・信男を見せることで、社内全体のウップンを晴らす役割を果たす「被取締役新入社員」のドラマ。エンタテイメントの創り手を広く求めるTBSと講談社が、「ドラマ原作になりうる小説」を募集。全国から寄せられた1,403件の中から選ばれた第1回の大賞受賞作! 【ストーリー】 表向きはアシスタントディレクターとして会社員生活を始めた信男。制作局のフロアに第一制作チーム部長・保坂良昭(陣内孝則)の罵声が響き渡る、「お前、今週遅刻何回目だ!」主任・花山光一郎(板尾創路)からも「なんでお前の面倒みなあかんの?」とネチネチと攻撃され、敏腕ディレクターの三木利道(細川茂樹)や保坂の愛人と噂される柏原美奈子(山口紗弥加)、信男と同い年でコネ入社の中井修平(忍成修吾)からも疎ましく扱われていた。 その中で、信男を同情的な目で見てくれるのは工藤沙紀(貫地谷しほり)だけ。そんな彼女とて、決して助けてくれるわけではないのだが。信男はクライアントへの使いも満足に出来ず、失敗に失敗を重ね、着実に特命をこなしていく。職場では、信男の悪口を言いあうことでギスギスした関係が和み、笑顔が見えるようになり、チームワークを重んじ互いをフォローするような関係性が生まれていた。そして、川崎会長の仮説どおり、第一制作の業績も急伸したのだが…。