波の塔

波の塔

視聴可能: Paravi
心に闇を秘めた年上の女性と、地位や生活をかなぐり捨てて狂おしいまでにその女性を求め続ける若き検事。そんな2人の禁じられた恋を描いた松本清張の異色大作。麻生祐未と小泉孝太郎を中心に、風間杜夫、柳葉敏郎、津川雅彦ら俳優陣が競演。 【ストーリー】 小野木喬夫(小泉孝太郎)は将来を約束された若き検事。京都の寺院を訪れた小野木は、頼子(麻生祐未)という女性と偶然出会う。東京で再会した2人は密かに交際を始めるが、頼子は自分の素性を決して小野木に明かさなかった。 時を同じくして、小野木のことを慕うもう1人の女性・田沢輪香子(高橋かおり)が現れた。国土産業省の田沢局長(風間杜夫)を父にもつ輪香子は、許婚者がいるにも関わらず小野木に好意を寄せる。 そんな中、小野木の先輩検事・石井(柳葉敏郎)たちが国土産業省の汚職疑惑に捜査のメスを入れた。田沢局長と政財界の情報を売買して金儲けを企む政治ゴロ・朝倉庸夫(津川雅彦)がつながっているという疑惑が浮上したためだ。金の匂いに群がるハイエナのような男・朝倉、そしてその妻が頼子だった。頼子の不審な行動から、朝倉は小野木と頼子のただならぬ関係を知ることになる。地検に追われる朝倉。しかし担当検事である小野木は朝倉の妻・頼子と不倫関係にある。 やがて、小野木が朝倉の自宅に踏み込む日がやってきた。そこで、小野木は頼子と運命的な対面をする。