天下の副将軍 水戸光圀 徳川御三家の激闘

天下の副将軍 水戸光圀 徳川御三家の激闘

視聴可能: Prime Video
父に疎まれ家臣に育てられながらもその才覚を買われて、兄にかわって、水戸徳川家第二代藩主となった水戸光圀。自ら学問を修め、高い識見によって様々な政策を実施する。社寺の整理と復興、笠原水道の開設、巡視の禁止、貧民の救済、産業の振興、造船、蝦夷地探検、そして彰考館を設立して諸国から学者を招き「大日本史」の編纂に着手したことなど枚挙に遑がない。江戸時代の名君の典型と称され、権中納言の唐名から水戸黄門と呼ばれるようになったのであった。【TVシリーズ】(C)松竹