誤判対策室
視聴可能: FOD
ベテラン刑事・有馬英治(舘ひろし)は、国策で創設された機関「誤判対策室」で60歳の定年を迎えようとしていた。死刑囚の冤罪の可能性を調査する「誤判対策室」には有馬のほかに若手エリート弁護士・世良章一(古川雄輝)と検察庁から左遷された検事の春名美鈴(星野真里)が所属する。凄腕で知られた有馬だったが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去があった。世良と春名をよそに、定年までを惰性で過ごす有馬にとって「誤判対策室」での日々はどうでもよかったが、あるとき一つの事件の情報を入手する。なぜか有馬は取り付かれたようにその事件を調べ、ひとりの確定死刑囚・古内博文(康すおん)にたどり着く。かつての事件への贖罪の気持ちから冤罪を疑い必死になる有馬はついに隠されていた真実を見つけるが、すでに古内の死刑執行は間近に迫っていた。

エピソード