パープル・レイン

パープル・レイン

視聴可能: iTunes
キッドはミネアポリスで最も人気のあるバンド、ザ・レボリューションズのリーダー。彼のライバルはファンクバンド、ザ・タイムのリーダーであるモーリスだった。二人は歌手になるためにこの街にやってきたアポロニアという女性に惹かれていく。天才的な音楽の才能があり、努力の人でもあるキッドの家庭は問題が山積み。常に喧嘩が絶えない両親の暴力的な関係に苦しみ、地下室にこもるようになる。そんなキッドとバンドの関係は張り詰めたものだった。バンドのメンバー、リサとウェンディが自作をグループに提供したいと申し出ても、独裁的な彼は受け付けようとしない。両親やバンドとの関係の悪化は、父親が銃で自殺を図った時最悪のピークを迎えたに見えた。救いようの無い運命に激しい怒りを感じていたキッドは、偶然父親が作曲した楽譜の山を見つける。キッドはその中から1曲を選び、リサとウェンディが彼に渡した作品のリズムトラックを付け加え、「パープル・レイン」という曲を完成させる。翌日、クラブでこの曲を初めて演奏したキッドは、観客の大喝采を浴びる。それは、バンドの絆を強め、アポロニアとの愛を確かめ、父親を許すメッセージが込められた名曲として誕生したのだった・・・!
出演 プリンス、 アポロニア・コテロ、 モーリス・デイ
監督 アルバート・マグノーリ