カワイソウをほっとけない女 せびろやしき

シーズン1、エピソード4: カワイソウをほっとけない女 せびろやしき

視聴可能: videomarket
岡田真弓(小泉今日子)は、一軒家に住む43才の主婦。ある暑い日の午後、スーパーで買い物をした帰り道、ベンチでうなだれている背広姿の男、平田克彦(森下能幸)を見かける。どうやら彼は会社をリストラされ、そのことを妻に言えず、毎日公園でぼーっとヒマをつぶしているらしい。同情した真弓は、「こんなところにずーっといたら熱射病になりかねないし、第一、どんどん日焼けして会社に行ってないことがばれてしまいますよ」と、平田を自分の家まで連れて帰ることに。幸い岡田家には子供がいないし、会社勤めの夫は夜まで帰って来ない。真弓は、しばらく平田を通わせることにした。次の日、平田をおいて買い物に出かけた真弓は、例の公園で木戸勝男(堀部圭亮)を見かける。彼もまた、リストラされたらしい。一人も二人も変わらないと、真弓は木戸も家に連れて帰る。こうして、真弓は買い物に出かける度にリストラされた男たちを次々に拾って、家に連れて帰ってしまう。まるで捨て猫を拾うように。実は真弓には、この家に引っ越してくる前の家で、捨て猫を22匹拾ってきて、近所から苦情が来たという前科がある。かわいそうになると、どうにもほおっておけない性分らしい。昼間の岡田家は、15人の背広姿の男で溢れかえっている。猫屋敷ならぬ背広屋敷だ。真弓の夫、岡田義男(田中哲司)は、毎日家の前の道で背広姿の中年男たちとすれ違うのを不審に思っていた。そんなある日、平田が家事を手伝いたいと申し出るが、真弓に断られてしまう。男たちががっくりしていると、真弓から願ってもない依頼が。ゴキブリ退治だ。15人の男たちはゴキブリ1匹相手に家中を走り回り大奮闘!果たして真弓の依頼に応えることができるのか...。