ラブな誘拐大作戦

ラブな誘拐大作戦

視聴可能: Prime Video、FOD
シーズン1 エピソード4: 千里(堀北真希)は、『ミラクル』の社長秘書・時田(山本耕史)から、借金1億円の返済を迫られる。時田によれば、ミラクル社が計画を進めていた大規模アトラクション事業が、スポンサーの撤退により中止に追い込まれそうなのだという。顧問弁護士の響子(高島礼子)が所持している千里との契約書には、『ミラクルが倒産した場合、1億円はただちに返金すること』と記されていた。さらにそこには、『社長代理としてミラクルに尽力すること』という条件もあった。時田は、その契約をたてに、プロジェクトの存亡かけて明日行われる最終プレゼンで、スポンサーに向けたスピーチをしてもらう、と千里に告げた。ミラクル社の命運はそのスピーチにかかっている、という時田の言葉が、千里に重くのしかかった。