消えた妻の衝撃正体 暴かれ始める事件全貌 第一章完

シーズン1、エピソード3: 消えた妻の衝撃正体 暴かれ始める事件全貌 第一章完

視聴可能: FOD
シーズン1 エピソード3: 美山悠一(AKIRA)は、自らが開発を進めていた新素材・グラフェンの情報が何者かに盗まれ、会社からも疑われ、窮地に立たされる。そこへ、妻のなつみ(仲間由紀恵)から「グラフェンデータを盗んだのは日下部(丸山智己)」というメールが届く。悠一は、同じ部署の課長・日下部のパソコンから証拠となるデータを抜き出し、執行役員の折田忠(神尾祐)に告発する。 いつ、どんな時もそばで支えてくれたなつみを信じると決めた悠一だが、一緒にコーヒーを飲んだ直後に意識が薄れてしまう。目が覚めると家からなつみの姿が消えており、呆然自失となる。 悠一が勤めていた総和物産では、日下部が上司の折田や安藤眞一(森岡豊)、そして大洋国際特許事務所の小林恭助(高嶋政伸)から、自らのやったことを白状するよう詰問されていた。小林に呼ばれてやって来た悠一は、全てなつみにはめられたと主張する日下部と対面するが・・・。 その後、悠一は小林になつみを探すのを手伝わせて欲しい、と言うが、個人的感情は捨てろ、と拒否されて・・・。