目撃した・・・妻

目撃した・・・妻

視聴可能: Prime Video、FOD
シーズン1 エピソード6: 暁(天海祐希)と淳哉(合田雅吏)が新築タワーマンションのCM制作のため、ある大手建設会社で説明を受けていると、桐吾(三上博史)と恭介(玉山鉄二)が現れた。その仕事は、淳哉が桐吾に売り込んだものだった。桐吾と暁の接点が出来た。澄子(石田ゆり子)に同情的な恭介は、二人の関係をいぶかしむ。 一方、澄子とサエ(中尾ミエ)の関係はますます悪化していた。サエの痴呆を疑う澄子は、病院へ連れて行こうと車椅子を無理に押す。「病院は嫌い!」と必死で抵抗するサエ。そして・・・。 澄子のステンドグラスの展示発表会が始まった。休みの日とあって、桐吾はもちろん、サエ、甚(勝村政信)、恭介らも見物に来た。すると、暁から桐吾の携帯に連絡が入った。急ぐ仕事のコンテを持って行くと言う。暁は桐吾に書類袋を渡すと、すぐに立ち去ろうとした。見送ろうと一緒に会場の外に出た桐吾。そんな二人の会話をこっそり聞こうとしている人影があることを露だに知らず・・・。すると、突然、暁がその場に倒れ込んでしまった・・・! タクシーで暁をマンションまで送った桐吾は、過労気味の暁をベッドに寝かしつけた。だが、その頃、二人の後をつけてきたある人物が暁のマンションの表札をしっかりと目にやきつけて静かに立ち去っていった。 暁の代わりに桐吾が星児(田中碧海)を保育園に迎えに行った。行くと星児は、暁にプレゼントしたカスモサウルスを手にしている。桐吾は「我が子」を実感するのだった。それから桐吾は、夜まで「父親」の仕事を体験した。 暁は桐吾に出産時のことを語り始めた。4年前の感謝祭の夜、ニューヨークで陣痛で苦しみながら病院まで歩く羽目に陥った暁は、途中で空を見上げると教会の十字架越しに星が瞬いている。それで名前を「星の子供」にした・・・。 そこまで聞いた時、淳哉が暁に差し入れに来た。桐吾は「お大事に」と言い残し、去って行った。淳哉の驚きは収まらない。暁はとうとう淳哉にすべてを打ち明けた。 その夜、桐吾は、ブランコで泣き続ける自分を夢見、重苦しい感情で目を覚ますのだった。 暁は、日菜子(西山繭子)とエリ(猫背椿)に、桐吾と仕事で再会したことを話した。エリは「もう会うな」と助言する。 星児の誕生日がやって来た。妹の昌美(佐藤藍子)がプレゼントを持って来ただけで、暁と星児の二人きりのささやかなパーティが始まった。ところがケーキを持ってそこへ向かう人物がいた・・・。