脱獄広島殺人囚

脱獄広島殺人囚

視聴可能: iTunes、 Prime Video
終戦の混乱期の昭和22年4月19日夜の神戸。植田正之は、仲間の田上と共謀し、当時横暴を極めていた第三国人の闇屋を襲い、闇屋の主人とその女を撲殺し、モルヒネ1ポンドを奪う。昭和22年6月に逮捕。強盗殺人麻薬法違反により、懲役20年の刑に処せられる。広島刑務所に入所した植田は、二五一八と呼ばれ、広刑印の獄衣を着ることになる。脱獄を計画した植田は、看守に反抗し、広島刑務所名物のお稲荷監房にわざと入れられる。手錠を針で外し、便所の汲み取り口から汚物まみれになりながらも脱獄、昭和23年4月13日の夜であった。神戸、大阪に潜伏していた植田は、昭和23年5月3日に関西映劇の観劇中に、所持していたコルトを人に見られ、警察やMPに包囲され逮捕。再び、広島刑務所に戻された植田には、脱走罪が加算され、計21年3ヶ月の刑となる。再び脱獄を計画する植田。何かと面倒をみてくれる懲役13年の岡本組組長の岡本清次郎の協力を得、望楼をハイジャックした末永と房仲間の小島の3人で、昭和23年9月に集団脱走する。植田は郷里四国の松山草鹿村に山本清と名乗って潜伏する。食糧難時代のため、牛の密殺をしているグループを膂力でねじ伏せ、そこの親分となり、妹・和子一家を養う。昭和24年4月頃、松山の女郎屋での遊興中に揉め事を起こし、松山警察に捕まった植田は、指紋から身元が割れてしまう。手錠で自らの手を傷つけ、隙をみて松山警察署より脱走するが、市内で逮捕される。昭和24年5月、広島刑務所に房された植田の刑は1年5ヶ月増えて、計22年7ヶ月となる。集団脱獄し、同じく広島刑務所に連れ戻された末永が、第八工場で名古屋の親分・前戸に虐待されている事を知る。植田は末永のために、前戸に掛け合うが相手にされず、隠し持ったヤスリで前戸を刺し殺す。このため、8年の刑が加算され、計30年7ヶ月の刑となる。半年後の免業日に殺悔堂で前戸の舎弟・吉原に仁義を切られ、勝負を挑まれる。屈強な吉原にまともな勝負では勝ち目がないと考えた植田は、風呂の中で不意討ちを行い錐で吉原を殺す。これでまた刑が7年増して、計37年7ヶ月の刑となる。この殺人により広島刑務所の地獄房に昭和24年12月から3ヶ月間投獄される。昭和25年3月、地下鎮静房から出された植田は、保安課長の堂本から狂人呼ばわりされたことで逆上し、机上にあったナイフで堂本を斬りつけ、殺人未遂の刑で、さらにまた4年が追加。合計41年7ヶ月の刑となる。昭和25年8月、この傷害罪の裁判時に、突発的に逃亡。その足で四国の草鹿村に立ち寄る。久し振りの妹・和子との楽しい一時を過ごす植田だが、以前の密殺仲間からの密告で、警察隊に包囲される。格闘の末、必死の包囲網を突破した植田。生への執念と、あくなき自由を求めて歩き始めるのだった。植田の行方は、今もって不明である。
出演 松方弘樹、 梅宮辰夫、 大谷直子
監督 中島貞夫