松本清張特別企画 危険な斜面

松本清張特別企画 危険な斜面

視聴可能: Paravi
10年ぶりに会った女は、男の会社の実力者会長の愛人だった。女を利用して昇進に成功した男は、やがて女の存在が邪魔になり、完全犯罪をくわだてるが、それはまさに危険な斜面そのものだった・・・。 田中美佐子が、女の哀しい性ゆえに被害者となるヒロインを熱演、出世欲が強くやがて完全犯罪を企てる男を風間杜夫が好演し話題を呼んだ。その他、袴田吉彦、大滝秀治、斉藤洋介ら個性派俳優たちが脇を固める。 【ストーリー】 ある夏の日、山口県の山中で白骨死体が見つかった。遺体は野崎利江(田中美佐子)と判明。半年前、西島卓平(大滝秀治)が警視庁に捜索願いを出した女性だった・・・。 利江は、福島県郡山市の出身で、中学2年生の時に実家が倒産。高校2年生の時には両親が蒸発、高校を中退した。その後上京し、ホステスやコンパニオンをして生計を立てていた。数年後、西島グループ会長、西島卓平(大滝秀治)と出会い、利江の生活は一変。西島の愛人になり、豪邸を与えられ、十分な手当をもらう生活を送っていた。 ある日、会社創立パーティーに西島の同行者として出席した利江は、かつて愛した男・秋葉文作(風間杜夫)と再会する。文作は利江が以前勤めていた池袋のクラブの客で、西島グループ下請け会社のしがないサラリーマンだ。利江は、文作に自分の電話番号を渡し、連絡してくれと言い残す。しかし、文作にとって利江はもはや昔の女ではなく、政・財界にも顔が利く会長の愛人だった。迷ったあげく半月後に利江に連絡を取った文作は、そこで肉体関係を持つが・・・。