インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》

視聴可能: iTunes
インディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)は並みの考古学者ではない。彼が私たちの前に初めて現れたのは1936年のペルーのジャングルで、黄金像を手に入れるために、トラップだらけの遺跡の中を走っていた(最終的には巨大な丸岩に追いかけられていた)。インディはこの黄金の芸術品を最大のライバル、フランス人考古学者のベロック(ポール・フリーマン)にかすめ取られ、さらに命まで奪われそうになる。しかし、冒頭からの脱出劇に続き、インディは小型飛行機に飛び乗ってなんとかベロックから逃れるのだ。インディ・ジョーンズは怖いもの知らずの男なのか? いや、彼は蛇を恐れている。再びインディが登場した時、彼は穏やかな語り口調の、眼鏡をかけた教授になっていた。マーカス・ブロディ(デンホルム・エリオット)にツタの生い茂った建物から呼び出された彼は、長い間行方の分からないアーク《聖櫃》を探すことになる。ナチスもまたアークを探索しており、神秘主義者のヒトラーがその力によって自軍を無敵にしようと企んでいた。アークを見つけるためには、まずインディの旧友アブナー・レイヴンウッドから、彼が厳重に保管しているメダリオンを手に入れなければならないのだが、アブナーの娘マリオン(カレン・アレン)とインディの間には過去に何かがあるようだ。性格の違いはどうであれ、インディとマリオンはパートナーを組むと、魂の井戸で大量の蛇に取囲まれたりしながらも、常識破りの発掘方法でアークに辿り着くまで、アクション満載の冒険に挑み続ける。ハリウッドの偉人であるジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの共同プロジェクトであり、ローレンス・カスダン、フィリップ・カウフマンとの共同脚本による「インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》」は、映画というよりもむしろ115分のジェットコースター体験だ。製作費2,200万ドル(最初の見積の約3倍)をかけた本作は、映画興行で2億ドルを稼ぎ出した。その後も、「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」(1985)、「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」(1989)と製作され、短期テレビ・シリーズとしてプリクエル(前編)も放映された。
出演 ハリソン・フォード、 カレン・アレン、 ポール・フリーマン
監督 スティーヴン・スピルバーグ