博奕打ち 総長賭博

博奕打ち 総長賭博

視聴可能: iTunes、 FOD
昭和9年春、東京江東地区に強大な縄張りを持つ天竜一家の総長が倒れた。早速、一家内六人衆の各組長と総長兄弟会親分衆とが寄合いを持ち、中井組組長の信次郎が跡目に推挙されたが、よそ者という理由で自らは辞退、代りに信次郎と同格の兄弟分であり総領である松田組組長を推した。しかし総長兄弟会仙波組組長は、松田は愚連隊との喧嘩で服役中であるとの理由から、それを退け、二代目は総長の娘婿である石戸組組長に決定し、その代目披露の大花会を伊豆修善寺温泉で開くこととなった。花会が一ヵ月後に迫ったある日、出所した松田が、兄貴分を差し置いての二代目石戸に怒り、仙波、石戸にドスを向けた。これを暴挙と見た仙波は松田を謹慎処分にする。一家のために命を賭けてきた松田にとって、これ以上の屈辱はない。松田は石戸の二代目披露を叩き潰す事が最後の意地だと信次郎に訴える。松田の決意に信次郎は、固く契り合った兄弟盃をその場で叩き割る。かくして天竜一家の花会の日が来た。仙波は政界の黒幕・河島と結託し、二代目石戸を抱き込んで天竜一家を乗っ取り、花会のテラ銭を河島の大日本国志会に上納しようと企んでいた。それを知った石戸は憤然と拒否を表明するが、修善寺に潜入した松田に刺されて重傷を負う。跡目相続の儀式を信次郎に支えられながらやり通した石戸は花会たけなわの夜、仙波の刺客によって無残な死を遂げる。息を引取る直前、石戸から仙波の悪事を聞いた信次郎は怒りと激情からドスを取る。
出演 鶴田浩二、 若山富三郎、 名和宏
監督 山下耕作