次郎長三国志 甲州路殴り込み

次郎長三国志 甲州路殴り込み

視聴可能: iTunes
和やかな一時を過ごす次郎長一家。そこへ小政と名乗る渡世人が、次郎長一家の投げ節・お仲の消息を知らせに駆けつけた。お仲は、赤鬼の金平の仇討ちに次郎長一家を狙う甲府の猿屋の勘助の動向を探りに行ったのだが、勘助のところに草鞋を脱いだ小政の眼力で人質として捕らわれてしまったのだ。次郎長と勘助の揉め事を知らない小政だったが、勘助の汚い渡世を嫌って、次郎長に知らせに来たのだった。小政の案内で甲州へと急ぐ次郎長一家。義兄の大熊一家とお蝶が後を追う。甲州に着くと、案の定、勘助が待ち伏せていたが、次郎長一家と大熊は、小政の助けもあってお仲を無事救出。勘助は息を引き取った。渡世仁義の掟でも、喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れた次郎長一家は、旅慣れないお蝶とともに兇状旅を余儀なくされる。だが、お蝶の優れぬ健康を慮った石松は、勘助殺しの下手人として自首すると言い出した。その言葉に、次郎長とお蝶は喜び、一家の固い結束を見た小政は、自分も子分にしてほしいと頼み込む。そんな中、お蝶の容態が悪化するが……。
出演 鶴田浩二、 大木実、 山城新伍
監督 マキノ雅弘