死にゆく妻との旅路

死にゆく妻との旅路

視聴可能: iTunes、 Prime Video
2人でいることが、なぜ罪になるのですか?<雪舞う音さえ聞こえるほどの静けさのなか、男はひとり、妻を葬(おく)った。それが、妻の望みだった。愛する者が死んでゆく時、人は、いったい何をしてやれるのだろう。272日、6000km――これは、とある夫婦の壮絶な愛の実話である。1999年12月2日。1人の男が逮捕された記事が、新聞の社会面にほんの小さく載った。罪状は、「保護責任者遺棄致死」――老年や幼年、身体障害者や疾病のために扶助を必要とするものを遺棄し、死に至らしめたことに対する罪であった。男は末期癌の妻をワゴン車に乗せ、9カ月もの間、日本各地を彷徨っていた。2000年秋、月刊誌「新潮45」に2号にわたって、逮捕された男・清水久典氏の手記が記載されて、大きな反響を呼ぶ。2003年に発行されたその文庫化は、殆ど宣伝もなしに口コミで15万部を売り上げた。事件の裏には、報道されなかった夫婦の深い愛の物語があった。本作はその、清水夫妻の272日、6,000キロに及ぶ旅の記録の映画化である。
出演 三浦友和、 石田ゆり子、 西原亜希
監督 塙幸成